会社案内


会社概要


会社名 株式会社大熊製作所
所在地 本社
岡山県玉野市東高崎25-2

玉原工場
岡山県玉野市玉原3-3-5

アクセス詳細はこちら
創業 昭和21年4月
設立 昭和25年5月
資本金 1000万円
代表取締役社長 大熊  力三
従業員 36名
事業内容 <製造部>
船舶ディーゼルエンジン部品の加工、組立 (操縦装置他)
一般産業機械部品の加工、組立
荷役運搬機械部品の加工、組立
各種機械部品の製缶、機械加工、組立完成


<システム技術部>
電子応用機器の開発、設計
ソフトウェア開発
組込み用途Windowsの構築
組込み用途Linuxの構築
Windows向けデバイスドライバの開発
Linux向けデバイスドライバの開発
主要取引先 株式会社三井E&Sマシナリー
三井E&S造船株式会社
株式会社ヒラノ
株式会社IHI原動機相生事業所
三井E&Sシステム技研株式会社
株式会社マキタ
取引銀行 百十四銀行 玉野支店
加盟団体 玉野鉄工協議会

会社沿革

昭和21年 4月 岡山県玉野市和田において大熊釘螺製作所を創設し、釘、螺の製作ならびに三井造船葛ハ野営業所のB&W型船舶用ディーゼル機関の主機および発電用部品の加工、組立を始める。
昭和25年 5月 株式会社に改組し、社名を株式会社大熊製作所とする。
昭和28年 9月 玉野市日比に工場を移設する。
昭和40年 4月 石川島播磨重工業椛叶カ工場《現、潟fィーゼルユナイテッド相生工場》と取引を開始し、スルザー型、PC型船舶用ディーゼル機関部品の加工、組立を始める。
昭和42年 4月 業務拡張と船舶の大型化、新型化に対応するため玉野市東高崎に新工場を建設し、業務の本拠として全面移転する。
昭和45年 7月 日立造船轄島工場と取引を開始する。
昭和49年 5月 受注品の完全消化と加工工程の分割専門化を図る目的で、玉野市玉原に玉原工場を建設する。
昭和59年 9月 システム技術部を設置し、電子応用機器関連の事業を開始する。
昭和61年10月 業務拡張により工場施設地内に新事務所を建設し移転する。
平成16年5月 業務拡張により玉原工場の稼働を再開する。
平成16年9月 CNC旋盤 NL-2500Y/700(森精機)を導入。
平成18年2月 立型マシンニングセンタ M-V4050N(三菱重工)を導入。
平成19年2月 横型マシンニングセンタ DH-80 (三菱重工)を導入。
平成21年12月 立型マシンニングセンタ DuraVertical5060 (森精機)を導入。
平成22年6月 立型マシンニングセンタ DuraVertical5100 (森精機)を導入。